• 中古乗出価格
    ¥360万円
  • 弊社乗出価格
    手付入金中万円
車輌情報
  • 年式
    H31年2月
  • 走行距離
    55000キロ
  • 車検
    2年受け渡し
  • カラー
    ソニックイリジウム
  • ナンバー
    首都圏ナンバー
  • 定員
    5人
  • 型式
    6AA-AXZH10
  • 寸法
    4975×1865×1445
  • 排気量
    2487cc
  • 駆動方式
    FF(前輪駆動)
  • 最高出力
    178PS/23.0kg・m
  • ミッション
    CVT
  • エンジン
    直列4気筒DOHC+ハイブリッド
  • 燃費
    ハイオク
  • 書類
    完備
  • スペアキー
  • 自動車税
    R5年度分完納
  • 備考
    人気のハイブリッドMセダン
装備・オプション

◆インテリア◆12.3インチワイドディスプレイナビゲーションシステム(Bluetooth・地デジTV) /パノラミックビューモニター/デジラルインナーミラー/自動ハイビーム:アダプティブハイビームシステ[AHS]/オートエアコン/ 本革シート/エアーシート/ サンルーフ /ETC/ パーキングセンサー/ プリクラッシュセーフティシステム/ オートクルーズ/ ハンドルヒーター/ レーンキーピングアシスト/


■エクステリア■3連LEDヘッドライト/ フルLEDリヤコンビネーションランプ (テール・ストップ・バックアップ・ターンシグナル)/


◎その他◎自動車税R5年度分完納 放置違反金滞納無し 取扱説明書 整備手帳有


備考

■2018年10月

レクサスは、ミドルクラスのFFサルーン「ES」を2018年10月24日に発表、同日に販売を開始した。


レクサス「ES」は北米市場におけるレクサス最初のラインアップとして「LS」とともに1989年に誕生。日本では2代目から4代目が「トヨタウィンダム」として販売されたが、5代目以降は日本では未発売となっていた。レクサスは7代目となる「ES」を日本市場に初導入、ラインアップの拡充が行われている。


ボディは「カムリ」と共通の低重心なGA-Kプラットフォームを活かし、「LS」と近似性のある流麗なデザインを採用。クラストップレベルの空力性能を目指したボディは、フロントピラーの後方配置やリヤピラーの傾斜で引き締まったキャビンシルエットを実現。全長4975mm×全幅1865mm×全高1445mm、ホイールベース2870mm。ボディサイズは「GS」を凌ぐ大きさだが、全高は低く抑えられており、ワイド&ローの強調されたプロポーションとなっている。


インテリアは程よい包まれ感でドライビングの高揚感を高めるコクピットと、乗客がくつろげるゆとりある空間の融合を図ったという。水平基調のインパネは上質な仕上がりを見せており、ドアトリムまで連続する構成によって空間の広がりを表現。後席は広い足元の空間による開放感と、包み込まれるような安心感を持たせている。また、一部グレードには電動リクライニング機構が付与されている。


パワーユニットは世界トップレベルの熱効率を実現する2.5リッター直4エンジン(最高出力131kW/5700rpm、最大トルク221Nm/5700rpm)に電動モーター(最高出力88kW、最大トルク202Nm)のハイブリッドシステム。カムリと共通のユニットで高い動力性能とすぐれた経済性(JC08モード燃費23.4㎞/L)を実現している。


足まわりはフロントがストラット、リヤはダブルウィッシュボーンを採用。ジオメトリーの最適化などによりすぐれた操縦安定性をもたらし、ラック並行式電動パワーステアリングによるすぐれたステアリングレスポンスで「すっきりと奥深い」操縦性を実現したという。また、ショックアブソーバーのオイル流路に非着座式のバルブを設けて微小な動きに対して流路抵抗による減衰力を発生させる「スウィングバルブショックアブソーバー」を世界で初めて採用。アブソーバーのストローク速度が極めて低い場合でも応答性にすぐれ、上質な乗り心地を実現したとのこと。


最先端の安全技術として注目したいのが量産車としては世界初の「デジタルアウターミラー」の採用だ。車両のフロントドア外側のカメラで撮影した車両左右後方の映像を、フロントピラー部に設置した5インチのディスプレイに表示。天候の影響を受けにくく、夜間や雨天時にもすぐれた視認性を発揮する。


また、先進安全技術「レクサスセーフティシステム+」は、単眼カメラ+ミリ波レーダーの構成はそのままに、昼間の自転車運転者や夜間の歩行者も検知可能な「プリクラッシュセーフティ」、同一車線内中央を走行できるように操舵を支援する「高度運転支援機能レーントレーシングアシスト」、カメラで主要な道路標識を読み取ってメーター内とヘッドアップディスプレイ内に表示する「ロードサインアシスト」などの機能が盛り込まれている。


ラインアップは、ベースモデルの「ES300h」、スポーティな内外装と走行性能をアピールする「ES300h Fスポーツ」、装備の充実した「ES300バージョンL」を設定する。