• 中古乗出価格
    ¥560万円
  • 弊社乗出価格
    ASK
車輌情報
  • 年式
    H28年10月
  • 走行距離
    45000キロ
  • 車検
    R8年4月
  • カラー
    オースチンイエロー
  • ナンバー
    関西圏ナンバー
  • 定員
    4人
  • 型式
    CBA-3C30
  • 寸法
    4685×1870×1385
  • 排気量
    2979㏄
  • 駆動方式
    FR(後輪駆動)
  • 最高出力
    431ps/56kg・m
  • ミッション
    7AT
  • エンジン
    直列6気筒DOHC+ターボ
  • 燃費
    ハイオクガソリン
  • 書類
    完備
  • スペアキー
  • 自動車税
    R6年度分完納
  • 備考
    カスタム多数◆コンプリートカー
装備・オプション

◆インテリア◆純正HDDナビ/地デジTV/バックモニター/ミラー式ETC/ブラックレザーシート/セミバケットシート/スマートキー/プッシュスタート/パークディスタンスコントロール(PDC)/ハーマンカードンオーディオ/HAMANN ペダルセット/Mperformance ドアトリム/Mperformance セレクトレバー/Mperformance センターコンソール/Mperformance サイドブレーキ/Mperformance アルカンターラアームレスト/社外インナートリム/社外スイッチトリム/CARBONTASTIC ワンオフステアリング/CARBONTASTIC ワンオフパドルシフト/AUTOTECKNIC Mボタン (ブルー)クルーズコントロール/コンフォートアクセス/シートヒーター/レーンチェンジワーニング/ヘッドアップディスプレイ/


 


■エクステリア■カーボンルーフ/アダプティブLEDヘッドライト/MTC Design フロントリップ/MTC Design カナード/MTC Design サイドスカート/MTC Design リアディフューザー/RW Carbon リアスプリッター/RW Carbon アッパースプリッター/Mperformance スプリッター/Mperformance キドニーグリル/Mperformance ミラー/Mperformance フューエルキャップ/Mperformance トランクスポイラー/ヘッドライトプロテクション/SKY FORGED S303 鍛造20インチAW/ミシュランPS4S/KW HAS kit/GTSルックテール(オープニング機能付)/Fi Exhaust 可変バルブマフラー/ヘッドライトウォッシャー


 


◎その他◎自動車税R6年度分完納/放置違反金滞納なし/整備手帳・取り扱い説明所有/スペアキーあり


備考

■2014年2月

BMWは4シリーズをベースにしたスポーツモデルであるM4クーペの予約受注を2014年2月19日に開始した。今回のモデルからベース車が3シリーズクーペから4シリーズに代わったのに合わせ、M4クーペと呼ばれている。納車は2014年7月から開始される。


M4クーペはサーキットでの運動性能と日常走行での実用性を併せ持つクルマとして開発されていて、今回のモデルではボディやサスペンションの大部分にCFRP(炭素繊維強化プ樹脂)や軽量アルミニウムを採用したインテリジェント・ライト・ウェイト構造を採用した。これによる大幅な軽量化によって運動性能と効率を両立させている。


外観デザインは大きな空気取り入れ口を持つバンパーやボンネットフードのパワードームなどが特徴で、ロングホイールベース、ショートオーバーハングのBMWらしいデザイン文法でまとめられている。


ドライバー・オリエンテッドのデザインが採用されたインテリア空間は、ホールド性に優れたMスポーツシートやレザートリムなどが採用されている。


搭載エンジンは直列6気筒3.0リッターの直噴ツインターボ仕様で、317kW(431ps)/550N・mの動力性能を発揮する。それも最高回転数の7600rpmまで衰えることなく吹き上がるMモデルならではの高回転型の出力特性を実現したほか、1850~5500rpmという幅広い回転域で一定して発生される最大トルクは先代モデルを約40%も上回っている。


組み合わされるトランスミッションはMモデルのダイナミックな走り、高い効率、日常走行での快適性を備えた7速M DCT Drivelogicで、シフトチェンジの最中にもトラクションを失うことなく、途切れることのない加速を実現する。ショックをほとんど感じさせない快適なシフトチェンジが可能だ。またM4クーペにはブリッピング機能を備えた6速MTの設定もある。


シャシーには、電子制御式多板クラッチにより走行状態に応じてパワーを左右リヤ・ホイール間で自在に配分するアクティブMディファレンシャルを採用するほか、ダイレクト感のあるなステアリングフィールと路面からの精密なフィードバックを提供する電動パワー・ステアリング採用のMサーボトロニックも採用された。


装備はBMWヘッドアップ・ディスプレイを標準装備する。車速やルート案内表示など通常の情報のほか、エンジン回転数や最適なシフト・タイミングなどをフル・カラーで表示するMモデル専用Mビューモードを備えている。また衝突回避・被害軽減ブレーキや車線逸脱警報なども標準装備されている。


■2015年1月

BMWは4シリーズをベースにしたスポーツモデルであるM4クーペの予約受注を2014年2月19日に開始した。今回のモデルからベース車が3シリーズクーペから4シリーズに代わったのに合わせ、M4クーペと呼ばれている。納車は2014年7月から開始される。


M4クーペはサーキットでの運動性能と日常走行での実用性を併せ持つクルマとして開発されていて、今回のモデルではボディやサスペンションの大部分にCFRP(炭素繊維強化プ樹脂)や軽量アルミニウムを採用したインテリジェント・ライト・ウェイト構造を採用した。これによる大幅な軽量化によって運動性能と効率を両立させている。


外観デザインは大きな空気取り入れ口を持つバンパーやボンネットフードのパワードームなどが特徴で、ロングホイールベース、ショートオーバーハングのBMWらしいデザイン文法でまとめられている。


ドライバー・オリエンテッドのデザインが採用されたインテリア空間は、ホールド性に優れたMスポーツシートやレザートリムなどが採用されている。


搭載エンジンは直列6気筒3.0リッターの直噴ツインターボ仕様で、317kW(431ps)/550N・mの動力性能を発揮する。それも最高回転数の7600rpmまで衰えることなく吹き上がるMモデルならではの高回転型の出力特性を実現したほか、1850~5500rpmという幅広い回転域で一定して発生される最大トルクは先代モデルを約40%も上回っている。


組み合わされるトランスミッションはMモデルのダイナミックな走り、高い効率、日常走行での快適性を備えた7速M DCT Drivelogicで、シフトチェンジの最中にもトラクションを失うことなく、途切れることのない加速を実現する。ショックをほとんど感じさせない快適なシフトチェンジが可能だ。またM4クーペにはブリッピング機能を備えた6速MTの設定もある。


シャシーには、電子制御式多板クラッチにより走行状態に応じてパワーを左右リヤ・ホイール間で自在に配分するアクティブMディファレンシャルを採用するほか、ダイレクト感のあるなステアリングフィールと路面からの精密なフィードバックを提供する電動パワー・ステアリング採用のMサーボトロニックも採用された。


装備はBMWヘッドアップ・ディスプレイを標準装備する。車速やルート案内表示など通常の情報のほか、エンジン回転数や最適なシフト・タイミングなどをフル・カラーで表示するMモデル専用Mビューモードを備えている。また衝突回避・被害軽減ブレーキや車線逸脱警報なども標準装備されている。


2015年1月26日には、ドイツ・ツーリング・カー選手権「DTM」において、2014年シーズンにBMW M4で参戦したマルコ・ヴィットマン選手が年間ドライバー・チャンピオンに輝いたのを記念して、そのレース・カーの外観をモチーフとし、19インチ・アロイ・ホィールなど特別装備を施した特別仕様車「M4 DTM チャンピオン・エディション」の受注を開始した。なお限定台数は全世界23台のうち日本では5台となっている。


■2015年10月

BMWは4シリーズをベースにしたスポーツモデルであるM4クーペの予約受注を2014年2月19日に開始した。今回のモデルからベース車が3シリーズクーペから4シリーズに代わったのに合わせ、M4クーペと呼ばれている。納車は2014年7月から開始される。


M4クーペはサーキットでの運動性能と日常走行での実用性を併せ持つクルマとして開発されていて、今回のモデルではボディやサスペンションの大部分にCFRP(炭素繊維強化プ樹脂)や軽量アルミニウムを採用したインテリジェント・ライト・ウェイト構造を採用した。これによる大幅な軽量化によって運動性能と効率を両立させている。


外観デザインは大きな空気取り入れ口を持つバンパーやボンネットフードのパワードームなどが特徴で、ロングホイールベース、ショートオーバーハングのBMWらしいデザイン文法でまとめられている。


ドライバー・オリエンテッドのデザインが採用されたインテリア空間は、ホールド性に優れたMスポーツシートやレザートリムなどが採用されている。


搭載エンジンは直列6気筒3.0リッターの直噴ツインターボ仕様で、317kW(431ps)/550N・mの動力性能を発揮する。それも最高回転数の7600rpmまで衰えることなく吹き上がるMモデルならではの高回転型の出力特性を実現したほか、1850~5500rpmという幅広い回転域で一定して発生される最大トルクは先代モデルを約40%も上回っている。


組み合わされるトランスミッションはMモデルのダイナミックな走り、高い効率、日常走行での快適性を備えた7速M DCT Drivelogicで、シフトチェンジの最中にもトラクションを失うことなく、途切れることのない加速を実現する。ショックをほとんど感じさせない快適なシフトチェンジが可能だ。またM4クーペにはブリッピング機能を備えた6速MTの設定もある。


シャシーには、電子制御式多板クラッチにより走行状態に応じてパワーを左右リヤ・ホイール間で自在に配分するアクティブMディファレンシャルを採用するほか、ダイレクト感のあるなステアリングフィールと路面からの精密なフィードバックを提供する電動パワー・ステアリング採用のMサーボトロニックも採用された。


装備はBMWヘッドアップ・ディスプレイを標準装備する。車速やルート案内表示など通常の情報のほか、エンジン回転数や最適なシフト・タイミングなどをフル・カラーで表示するMモデル専用Mビューモードを備えている。また衝突回避・被害軽減ブレーキや車線逸脱警報なども標準装備されている。


2015年1月26日には、ドイツ・ツーリング・カー選手権「DTM」において、2014年シーズンにBMW M4で参戦したマルコ・ヴィットマン選手が年間ドライバー・チャンピオンに輝いたのを記念して、そのレース・カーの外観をモチーフとし、19インチ・アロイ・ホィールなど特別装備を施した特別仕様車「M4 DTM チャンピオン・エディション」の受注を開始した。なお限定台数は全世界23台のうち日本では5台となっている。


同年10月9日にはBMW M社が開発したMパフォーマンスパーツをエクステリアを中心に装着し、内装はアルカンターラ・スポーツ・ステアリングを装備するなど、モータースポーツを身近に感じさせる仕様とした特別仕様車「Mパフォーマンスエディション」を17台限定で発売した。